ビタミンCが肌に良い理由

ビタミンCってなんで肌に良いの?

美容成分はどんどん新しいものが発見されたり、機能性の高いものが開発されていますが、昔から美容に欠かせない成分として有名なのがビタミンCです。

 

ビタミンCは体に対していろいろな働きを持っていますが、その中でも特に肌には有効な働きをしてくれます。

 

肌の健康を保つためには、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどハリや水分保持をする働きを持つ美容成分を補給することも大事です。

 

ですが、いくら美容成分を補給しても、しわやたるみ、シミやくすみなどの肌トラブルを引き起こす活性酸素を除去しないと、肌の健康を保つことは出来ません。

お肌の大敵である活性酸素にアタックするビタミンC

 

活性酸素というのは、エネルギーを燃焼するときに発生する物質ですが、他にも紫外線を浴びたりストレスが溜まったり、不規則な生活をすることで発生します。

 

活性酸素が大量に発生すると、細胞を攻撃して劣化させたり機能を破壊してしまい、肌の健康が損なわれてしまうのです。

 

そのため、にきびが出来たり、炎症が悪化したり、コラーゲンなどの生成が減少したりして肌トラブルや老化がひきおこされてしまいます。

 

そんな活性酸素を除去したり阻害する作用を抗酸化作用と言いますが、ビタミンCはこの抗酸化作用に優れた抗酸化成分なのです。

 

ビタミンCがたくさんあれば、活性酸素の働きが阻害できるので、肌トラブルや老化を防いで肌の健康を保つことができます。

 

また、ビタミンCはコラーゲンやセラミドの合成を促進したり、皮脂の過剰分泌を抑制したり、メラニン色素を還元して美白するなどの効果もあるので、美肌には欠かせない成分と言えるのですね。

 

最近ではアプレシエと呼ばれる高浸透型のビタミンC誘導体も出てきました。

 

今、ビタミンC化粧水を使おうと思っているならこのアプレシエが配合されているタイプを選ぶのが良いですよ☆彡

 

アプレシエを配合したビタミンC誘導体化粧水はこちらでチェック