沖縄在住!元スタイリストの美肌術

美容成分はどんどん新しいものが発見されたり、機能性の高いものが開発されていますが、昔から美容に欠かせない成分として有名なのがビタミンCです。

 

ビタミンCは体に対していろいろな働きを持っていますが、その中でも特に肌には有効な働きをしてくれます。

 

肌の健康を保つためには、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどハリや水分保持をする働きを持つ美容成分を補給することも大事です。

 

ですが、いくら美容成分を補給しても、しわやたるみ、シミやくすみなどの肌トラブルを引き起こす活性酸素を除去しないと、肌の健康を保つことは出来ません。

毛穴を隠し目立たなくする為には化粧品を上手く塗る必要があります。

 

毛穴の目立ちはとても気になると思いますが、毛穴を目立たなくするには化粧品を塗る際にちょっとした工夫をする事で改善されます。

 

毛穴を目立たなくする為には、ベースメークをする際に毛穴が目立たなくなる下地を使用すると良いでしょう。

 

毛穴を目立たなくしたいがために厚塗りになってしまっている人も多いですが、薄塗りで自然な仕上がりになるように工夫しましょう。

顔がパンパンに張っているとメイクも良く塗れないですし、メイク崩れも起こしやすいですよね。

 

このパンパンの正体って簡単に説明するとむくみなんですよね。
寝相が悪かったり、夜更かししたり、たくさんの水分を取り過ぎているとよく起こります。良く頭を心臓よりも上にして寝ると症状を抑えられると言われていますが、一時的なもの。

 

しっかりと対策をするなら体内の余分な水分を排出することがすごく大切なんですよ。そこで私が短期間でコンプレックスだった顔のパンパン具合を解消できたのがむくみ サプリです。

毛穴ケアでの化粧水の重要な役割は、お肌に水分を補給することです。

丁寧な洗顔が毛穴ケアでは大切ですが、洗顔はお肌の水分まで落としてしまうので、放っておくとどんどん皮脂が分泌され、それとともに毛穴も開いてしまいます。
ただの水では水分がお肌に浸透しませんが、化粧水はきちんと浸透するように作られていますので、使うことでお肌の水分不足が解消され、皮脂の分泌も落ち着くのです。
また、化粧水にはさまざまな美容成分も含まれていますので、水分と一緒にこれらの成分をお肌に送り込み、お肌を綺麗に導くのも、重要な役割です。

毛穴のケアには、どのような成分が含まれたものが有効なのでしょうか?

ここでは、毛穴ケアに良いとされる化粧品で使われるものを、いくつか取り上げたいと思います。

 

化粧品選びの参考にしてくださいね。

メイクを落とす際に、毛穴やお肌に優しいメイク落としの手順とその注意点について紹介します。

メイクを落とす際の基本は、ゴシゴシ擦るのではなくメイクを浮かせて落とすような感じでクレンジング剤を指の腹を使いメイクと馴染ませ浮かせ、浮いた汚れを綺麗に洗い流します。
メイク落としの手順としては、タップリ目のクレンジング剤でTゾーン→Uゾーン→目元→口元の順にメイクを落としていき、中指と薬指の腹で優しく円を描くような感じでメイクを落としていきます。

生理前になるとニキビが大量にできる方って多いですね。原因はホルモンバランスが不安定になって過剰な皮脂分泌が起こることによる毛穴詰まりです。女性ホルモンが減少して男性ホルモンの分泌が増えると皮脂が多く分泌されるようになります。

このように生理前は女性にとってバランスが崩れやすい時期です。ニキビができやすいのは当然のこと。特に10代、20代はそれでなくても皮脂分泌が多い時期なので余計にニキビが深刻になってきます。ではそんな生理前のニキビ対策として有効なスキンケアはあるのでしょうか?実はあります。ココではそんな生理前に有効とされるスペシャルケアを紹介します。

カフェインを配合した飲料って落ち着きますし、毎日常習化している方も多いのではないでしょうか?

適量であれば問題ないのですが、実は飲み過ぎはお肌の大敵になります。カフェインを配合した飲料といえば代表的なのがコーヒー、紅茶、お茶などです。
なぜカフェインって肌に悪いのでしょうか。そんなお肌の大敵になりうる飲料を掘り下げていきます。毎日上記の飲料を3本以上飲む方は要チェック!

女性にとって美肌になって維持させることは永遠のテーマではないでしょうか。美肌になることは比較的、簡単なのですが、大変なのが維持をさせること。当サイトでは美肌術&維持をさせることを目的とした肌に負担をかけないスキンケア方法などを厳選して紹介しています。30代、40代なってくるとスキンケアをやっていても体内の老化も始まって予期しない肌トラブルに見舞われることもあります。でも、肌本来の修復力が若い時のものを維持していればしっかりと状態を改善して美肌を維持してくれます。そのためには無理なスキンケアではなく自然派のスキンケアが大切。元スタイリストの観点から負担のかからない肌に優しいケア方法をたっぷりとご賞味ください☆彡